セールスフォースお助け隊ブログ | Salesforce

セールスフォース開発者のブログRSS

セールスフォース > 

みなさんこんにちは。
西槇です。

Winter '13でリリースされた機能で、これは良い!と思った機能について紹介したいと思います。
Apexコードを開発している時や、保守等でSOQLを書いてデータを簡単に見たい時があると思います。
今までは、クライアントツールを使うことで簡単に見ることができましたが、
ブラウザ上から行うには、簡易的にApexコードを記述する必要がありました。

例)取引先(Account)からIdとNameだけを取り出してデバッグ表示するような場合
下の画面のように、Apexコードを書いて開発者コンソールで実行していました。
apexcode1.PNG

結果はこのように表示されます。見づらいですね。
executionLog.PNG

Winter '13がリリースされたことにより、より簡単に、より見やすく
SOQLの実行ができるようになりました。

例と同じデータを表示するような場合、
[開発コンソール]を開き、[Query Editor]タブを開きSOQLを入力し、Executeボタンをクリックします。
このようにとても見やすい画面で結果取得ができるようになりましたね!
QueryEditor1.PNG

セールスフォース・ドットコム社のサービス

Salesforce Chatter - Winter '13から投票機能がサポートされました。

2012年11月 6日 18:36

みなさんこんにちは。
Salesforceお助け隊の加藤です。

セールスフォース・ドットコム社からWinter '13がリリースされました。
みなさん、新機能をバリバリ活用されているかと思います。

Salesforce Chatterに、Winter '13から投票機能がサポートされました。
この投票機能を利用すれば、Salesforce Chatterで質問や選択肢を使って、
同僚の見解などを求めることができます。

投票機能は、設定を変更しなくても利用可能です。
以下のような入力フォームがSalesforce Chatterに表示されます。
salesforceChatterWinter13.gif

セールスフォース・ドットコム社のサービス

Salesforce Sales Cloud - データローダを使用してデータをインポートする際の注意点

2012年9月18日 20:00

みなさんこんにちは。
Salesforceお助け隊の加藤です。

久しぶりに技術ネタです。
データローダを使用してデータをインポートする際の注意点があります。

ワークフロールールが適用されているオブジェクトに対して、
データをデータローダを使用してインポートすると、
ワークフロールールが動作してしまいます。

例えば、何かのフラグがONになると自動でメールを送信するような、
ワークフロールールが適用されているオブジェクトに対して、
データをデータローダを使用してインポートしてしまうと、
データの内容によっては、ワークフロールールが動作してしまい、
メールが大量に送付されてしまうなんてトラブルが発生することがあります。

ワークフロールールが適用されているオブジェクトに対して、
データをデータローダを使用してインポートする場合は、
念のため、対象のオブジェクトのワークフロールールを無効化してから
インポート処理を実行するようにしたほうがよいです。

但し、Salesforceの管理画面のインポートウィザードから、
データをインポートする場合は、
ワークフロールールが動作しないよう設定することができます。
インポートウィザードを使用したほうが安全かもしれません。

みなさんこんにちは。
Salesforceお助け隊の加藤です。

今回もSummer '12でリリースされた新機能をご紹介します。

Summer '12からは、ToDoに複数の取引先責任者を関連付けできるようになりました。
※最大10 人の取引先責任者を関連付け可能。

複数の取引先責任者を関連付けした場合、
1 人の取引先責任者を主取引先責任者として選択して、
その他はすべて副取引先責任者として登録することになります。

この機能を初期状態は無効になっているので、
利用するには、以下の手順で有効化する必要があります。

1. [あなたの名前] > [設定] > [カスタマイズ] > [活動] > [活動設定] に移動します。
2. 活動設定画面にて、「ユーザが複数取引先責任者をToDo に関連付けられるようにする」をチェックし、
 登録ボタンを押下します。

セールスフォース・ドットコム社のサービス

Salesforce Chatter - IE7だとChatter Messengerが使えない

2012年7月20日 16:44

みなさんこんにちは。
Salesforceお助け隊の加藤です。

普段使用しているマシンとは別のマシンからSalesforceにログインしたところ、
「Chatter Messenger」の以下のようなチャットアイコンがブラウザの右下に表示されませんでした。

salesforce_chatter_ messenger_icon.gif

そこで、チャットアイコンがブラウザに表示されない原因を調べたところ、
「Chatter Messenger」の対応ブラウザの問題であることがわかりました。

使用したマシンでは、Microsoft Internet Explorer バージョン 7.0(以下IE7)を使用していました。
どうやら、「Chatter Messenger」はIE7での使用をサポートしていないようです。
※セールスフォース・ドットコム社のSummer '12のリリースノートにも記載されていました。

Summer '12のリリースノートはこちら

顧客管理システム Salesforce CRM