セールスフォースお助け隊ブログ | Salesforce
セールスフォース開発者のブログRSS
Web-to-リード実行時の自動レスポンス設定

Web-to-リード実行時の自動レスポンス設定

2010年11月 9日 17:54

1. レスポンス用メールのテンプレートを用意
「管理者設定」→「コミュニケーションテンプレート」→「電子メールテンプレート」にて「新規テンプレート」をクリック。メールテンプレートを作成。
2. Web-to-リードに自動レスポンスを設定
「アプリケーションの設定」→「カスタマイズ」→「リード」→「Web-to-リード」にて、「編集」をクリックし、「デフォルトのレスポンス用テンプレート」に1.で作成したレスポンス用テンプレートを登録。
3. 管理者への自動通知を設定(必要な場合のみ)
「アプリケーションの設定」→「リード」→「割り当てルール」にて「新規」をクリック。「ルール名」を入力し、「このリードの割り当てルールを有効にします。」にチェックを入れて「保存」。
※ 有効にできる割り当てルールは一つだけなので、チェックを入れると、他の割り当てルールは無効になる。すでに有効な割り当てルールがある場合は、その割り当てルールにエントリを追加すればよい。
割り当てルール一覧から該当のルール名をクリックし、さらにエントリの「新規」をクリック。ステップ1で並び替え順を入力(他にエントリが無ければ「1」と入力)する。ステップ2は空のままにして、ステップ3でユーザと電子メールテンプレートを設定。「所有者を再割り当てしない」はチェックせずに、「保存」。

「セールスフォースお助け隊ブログ」へのコメントやご意見等ありましたら
ファンページまでお願いします。  Facebookのファンページ

Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク はてなブックマーク Livedoorクリップ

← 前のエントリー     次のエントリー →

顧客管理システム Salesforce CRM