セールスフォースお助け隊ブログ | Salesforce
セールスフォース開発者のブログRSS
[Apexトリガ]処理対象のレコードを参照する方法は?

[Apexトリガ]処理対象のレコードを参照する方法は?

2010年12月22日 23:13
みなさんこんにちは。
salesforceお助け隊の加藤です。

今回は、Apexトリガで処理対象のレコードを参照する方法をご紹介します。

Apexトリガでは処理対象のレコードを「Trigger.new」や、
「Trigger.old」という記述で、リスト型変数として取得できます。

「Trigger.new」からは、変更が反映された最新のレコードの情報が取得できます。
「Trigger.old」からは、変更前のレコードの情報が取得できます。

以下に例を載せておくので参考にしてください。

例)
取引先に対するApexトリガ
List<Account> accountList = Trigger.new;
for(Account ac : accountList) {
    String sName = ac.Name;
}

ただし、トリガでは参照関係を辿って、
参照先の情報を取得することはできないので注意が必要です。
以下のような実装はできません。
例)
取引先に対するApexトリガで、参照関係にある取引先責任者の名前は辿れない。
List<Account> accountList = Trigger.new;
for(Account ac : accountList) {
    String sContactName = ac.contact.name; 
}
どうしても、参照関係を辿りたい場合は、SOQLを使用してください。

「セールスフォースお助け隊ブログ」へのコメントやご意見等ありましたら
ファンページまでお願いします。  Facebookのファンページ

Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク はてなブックマーク Livedoorクリップ

← 前のエントリー     次のエントリー →

顧客管理システム Salesforce CRM