セールスフォースお助け隊ブログ | Salesforce
セールスフォース開発者のブログRSS
データの所有者以外が、データを変更できないようにするには?

データの所有者以外が、データを変更できないようにするには?

2011年1月 7日 12:53

みなさんこんにちは。
salesforceお助け隊の加藤です。

今回は、権限設定を活用して、
データの所有者以外が、データを変更できないようにする方法をご紹介します。

以下の手順で設定を行ってください。
1、[管理者設定]>[セキュリティコントロール]>[共有設定]画面を表示します。
2、「共有設定」画面では、組織の共有設定の欄の[編集]ボタンを押し、
  「組織の共有設定の編集」画面を表示します。
3、「組織の共有設定の編集」画面では、オブジェクトの一覧が表示されているので、
  「データの所有者以外が、データを変更できないようにしたい」オブジェクトの
  アクセス(選択リスト)を「公開/参照のみ」に変更して[保存]ボタンを押します。

この時点で、設定を行ったオブジェクトは、データの所有者以外が、
データを変更できないようになりますが、
そのオブジェクトに主従関係にある子のオブジェクトが存在した場合、
子のオブジェクトのデータも全て変更できなくなってしまいます。

もし、子のオブジェクトのデータは、
親のオブジェクトの所有者以外でもデータを登録できるようにしたい場合、
以下の設定を行ってください。

1、[ユーザーの管理]>[プロファイル]>[ユーザプロファイル]画面を表示します。
2、「ユーザプロファイル」画面では、プロファイルの一覧から、
  対象のオブジェクトを使用するプロファイルの[編集]リンクを押し、
  「プロファイルの編集」画面を表示します。
  ※プロファイル新規で作成する場合は、[新規]ボタンを押します。
3、「プロファイルの編集」画面では、画面下部の[カスタムオブジェクト権限]の欄で、
  子のオブジェクトの[データ管理]の[すべて表示]と、[すべて変更]にチェックを入れて、
  [保存]ボタンを押します。

上記のような設定をすることにより、
親のオブジェクトはデータの所有者以外が、データを変更できなくなり、
子のオブジェクトのデータは、親のオブジェクトの所有者以外でもデータを登録できるようになります。

「セールスフォースお助け隊ブログ」へのコメントやご意見等ありましたら
ファンページまでお願いします。  Facebookのファンページ

Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク はてなブックマーク Livedoorクリップ

← 前のエントリー     次のエントリー →

顧客管理システム Salesforce CRM