セールスフォースお助け隊ブログ | Salesforce
セールスフォース開発者のブログRSS
検索条件を動的に変更してレポートを出力する方法

検索条件を動的に変更してレポートを出力する方法

2011年1月20日 16:07

みなさんこんにちは。
Salesforceお助け隊の加藤です。

今回は、検索条件を動的に変更してレポートを出力する方法をご紹介します。

通常、レポート機能では、あらかじめ「カスタム検索条件」に
設定してある検索条件と一致するデータがレポート出力されます。

例えば、住所(都道府県)が「東京都」の取引先責任者を抽出するようなレポートがあったとします。
その場合、レポートの「カスタム検索条件」で、
検索条件項目として住所(都道府県)を選択し、条件値として「東京都」を設定しておきます。
しかし、これでは住所(都道府県)が「神奈川県」の取引先責任者を抽出したい場合、
新たにレポートを作成する必要があります。

これでは、抽出したい都道府県毎にレポートを作成することになってしまい大変です。
そこで、検索条件値を動的に変更できたら便利ですよね?

レポート機能には、レポートを呼び出すURLの後に、
以下の例のようにパラメータを追加することで、
検索条件値を動的に変更する機能があります。

例)住所(都道府県)が「千葉県」の取引先責任者を抽出したい場合
https://xxx.salesforce.com/00OA000000xxxxx?pv0=千葉県

パラメータの「pv0」は、レポートの「カスタム検索条件」で設定した
1つ目の検索条件項目を表しています。
上記の例では、「住所(都道府県)」となります。

複数の検索条件項目がレポートに設定されていた場合は、
「pv0」「pv1」「pv2」と「pv」の後ろの数字をアップしていき「&」で繋ぎます。

例)
https://xxx.salesforce.com/00OA000000xxxxx?pv0=条件値1&pv1=条件値2&pv2=条件値3...


この方法は、あらかじめレポートに設定されている検索条件項目に対して、
検索条件値を動的に変更する方法です。
検索条件項目を動的に追加したり、変更したり、削除したりすることはできません。


「セールスフォースお助け隊ブログ」へのコメントやご意見等ありましたら
ファンページまでお願いします。  Facebookのファンページ

Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク はてなブックマーク Livedoorクリップ

← 前のエントリー     次のエントリー →

顧客管理システム Salesforce CRM