セールスフォースお助け隊ブログ | Salesforce
セールスフォース開発者のブログRSS
【Salesforce使い方】2名以上のユーザーを任命先としたTodoで他のユーザへの期日を変更する方法は?

【Salesforce使い方】2名以上のユーザーを任命先としたTodoで他のユーザへの期日を変更する方法は?

2011年1月26日 21:01

みなさんこんにちは。
Salesforceお助け隊の加藤です。

今回は、ブログを見てくださっている方より、以下のような質問を頂いたので、
その回答を記事として掲載いたします。

Q.2名以上のユーザーを任命先としたTodoで他のユーザへの期日を変更する方法は?

※検証は、以下の環境にて行いました。
  検証環境:Force.com FreeEdition

2名以上のユーザを任命先として指定してTodoを登録した場合でも、設定できる期日は1つです。
また、登録時には複数ユーザのTodoをまとめて登録できますが、
一度、登録してしまったTodoは、他のユーザが参照・変更することはできません。

なので、Todoの期日をユーザ毎に別々にして登録したい場合、
以下の2つの方法が考えられます。
・Todoを別々に登録する。
・一旦、複数ユーザを任命先として指定して登録し、
 任命先として指定されたユーザが各自で期日を変更する。
 ※任命先を複数指定してTodoを登録したとしても、
   登録したTodoが共有されるわけではないので、
   自身のTodoの期日を変更しても、
   他のユーザの期日が変更されることはありません。

但し、例外として、一度、登録してしまったTodoを、他のユーザが参照・変更する方法があります。

全てのTodoの編集権限を持つシステム管理者であれば、
活動リストビュー画面にて「全ての活動」で検索して、
一覧に表示された各ユーザの期日を変更することができます。

もしくは、複数ユーザを任命先として指定してTodoを登録したユーザが下位のロールを持ち、
その下位のロールに所属するユーザを任命先として指定していた場合であれば、
自身所属するロールの下位階層のロールに所属するユーザのTodoであれば、
活動リストビュー画面にて「私のチームの活動」で検索して、
一覧に表示された各ユーザの期日を変更することができます。

要は、システム管理者又は、部下を持つユーザがTodoを登録する以外は、
登録してしまったTodoは、他のユーザが参照・変更することはできないので、
Todoを別々に登録するか、複数ユーザを任命先として指定して登録し、
任命先として指定されたユーザが各自で期日を変更する方法しかないということになります。

質問に対する弊社の調査結果は、以上です。

質問に対するベストな回答ではないかもしれませんが、
少しでも、Salesforceを使う際の手助けになればと思います。
今後とも、Salesforceお助け隊ブログをよろしくお願い致します。

「セールスフォースお助け隊ブログ」へのコメントやご意見等ありましたら
ファンページまでお願いします。  Facebookのファンページ

Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク はてなブックマーク Livedoorクリップ

← 前のエントリー     次のエントリー →

顧客管理システム Salesforce CRM